専門を深め、キャリア教育の充実に向けた新教育課程

就職に強い学校を目指し、基礎学力・専門技術・技能を習得出来るよう工業科(機械・電気・建設・化学)は次のように学習します。

1年生

共通教科を中心に授業があり、専門教科では工業技術基礎など各工業科の基本的な内容からはじまります。
共通教科18単位、専門教科11単位
キャリア教育活動
 ○自己理解  自分の適性、ライフプランの作成、自分の将来について考える
 
 

2,3年生

機械・電気・化学科では、各科の専門性を深めます。建設科においては、建設・土木コースに分かれ、それぞれ専門を深めます。また、共通選択では、工業科の枠を越えて選択できます
共通教科:27(16,11)
専門教科:25(11,14)
共通選択: 6(2,4)※数字は「合計単位数(2年生、3年生)」
 

ャリア教育活動

2年生:進路理解
    企業の研究、インターンシップ、オープンキャンパスの参加
3年生:進路実現
    進路希望調査、面接・適性検査に向けて、社会人の心得マナーの学習 
 

課題研究(工業4科3年次必修科目)

課題研究とは、個人やグループでテーマを決め、それを自分達の力で解決する科目のことです。工業各科では「課題研究」という授業があります。2003年度入学生徒からは総合的学習の時間の代替科目としても扱われますが、個人やグループでテーマを決め、それを自分たちの力で解決する学習をします。具体的には、作品製作、資格取得、調査研究、実験などが行われます。